株式会社イーダームがシード資金調達を実施しました

スキンケア・化粧品・ヘア用品
組織幹細胞の制御による疾患治療薬の開発を目指すスタートアップの株式会社イーダーム(代表取締役:安藤信裕、本社:東京都文京区、以下「イーダーム」)はANRI株式会社本社:東京都港区)からJ-KISS型新株予約権の発行により、総額5000万円の資金調達を実施しました。(7月24日)

株式会社イーダームについて

 当社は脱毛症など皮膚・毛髪疾患に関わるペインを伴うアンメットニーズにエビデンスをもって応える治療薬をいち早く開発するため、東京大学医科学研究所老化再生生物学分野の西村栄美教授の組織幹細胞技術をもとに設立されました。

 皮膚や毛髪は、私たちの健康や生命を守るうえで重要な役割を果たしています。その元となる組織幹細胞は、年齢を重ねる中で生活習慣を含む様々なストレスによって変化し失われることが引き金となって様々な疾患を引き起こすことが分かってきました。当社では、組織幹細胞のプールとその品質を維持する物質を探索することにより、幹細胞による健全な再生と疾患改善を同時に実現する新しい治療薬や医薬部外品の開発を進めています。自社開発の探索系を駆使した大規模スクリーニングにより、脱毛症の治療において有望な化合物を見出しました。今後医薬品申請の非臨床試験やCMC開発ステップに移行し、製品開発を加速させていきます。サイエンスとエビデンスに基づく幹細胞制御技術によって、人生100年時代に働く女性の健康と活躍、難病克服の実現に向けてイーダームは進化していきます。

資金調達の目的と今後の展望

株式会社イーダームは今回調達した資金を用いて、チームアップと製品開発を加速していきます。投資家様からのご支援のもと製薬・化粧品・ヘルスケア関連企業との提携やECビジネス戦略によりスピーディーに世界中の患者様に製品を提供できるよう取り組んでまいります。

CEOの一言

 イーダームは『皮膚の組織幹細胞研究が世界を救う!』という標語を掲げ社員3名で奮励中のスタートアップです。ロゴの蝶で表現しているとおり、大学から産業界にそして世界に羽ばたき、皮膚や毛髪の難病や外観変化に悩む人たちを救いたい、という思いから設立されました。

 私は長く皮膚に関連した研究や産業に従事してきましたが、まだまだ知らないこと知りたいことが多くあり興味は尽きません。皮膚や毛髪を出発点に健康長寿へとつなげるべく、自分の老化とも日々戦いながら夢に向かっています。

 第一弾となる脱毛症治療薬の開発と続くパイプラインの事業化、スピーディーな世界展開に向けて共に知恵を絞り奮闘してくれる熱意ある仲間を求めています。ご興味のある方はご一報頂けると有り難いです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。