芸能業界初「AI千原せいじ」をリリース。千原せいじのメディアでの発言や人格をAIに学習させて、LINEで完全再現。

ネットサービス
2023年8月14日、お笑い芸人の千原せいじが公式LINEにて「AI千原せいじ」をリリース。まるで本物の千原せいじと話しているかのような自然な会話が可能。日々ユーザーからのフィードバックを受けて、AIの返答の精度を改善していく。無料プランでは1日3回まで会話が可能。月額500円のプランに加入すると無制限で会話ができる。既にβ版では200名以上の方が友達登録を行い、会話を楽しんでいる。人生相談、暇つぶし、お笑いのネタ作りなど様々な用途で利用されている。

■千原せいじさんからんメッセージ

千原せいじさんから今回の「AI千原せいじ」の立ち上げ背景や想い、使い方についての説明動画をいただいております。是非ご覧ください。

千原せいじさんのYoutubeチャンネルにも取り上げていただきました。

実際のAI千原せいじのデモはこちら

https://youtube.com/shorts/9LflCMmxosQ

■AI千原せいじの概要

○AI千原せいじとは?

公式LINEにて千原せいじと24時間会話ができるAIチャットボットです。

どんな質問でもすぐに返してくれます。1日3回までは無料で会話ができます。


○制作過程

今話題のChatGPTを活用して、日々の千原せいじのテレビやメディアの内容をAIに学習させて制作しました。

日々フィードバックを受けながら改善しております。


■具体的な活用方法

普通に会話がしたい時

例)今日は何してますか?

人生について相談したい時

例)最近仕事が大変です。どうすれば良いですか?

面白い話が聞きたい時

例)何か面白い話ありますか?

■AI千原せいじの使用方法

以下の公式LINEのURL or QRコードから友達追加が可能です。

○AI千原せいじの公式LINEはこちら

https://bit.ly/ai-seiji-line


○使い方はこちら

https://bit.ly/ai-seiji-howto

■開発者からメッセージ

昔からテレビで見ていた千原せいじさんのAI制作に今回ご一緒できて大変嬉しく思います。

今回の開発で難しかったことは、千原せいじさんは芸能活動だけでなく、アフリカでビジネスを展開していたりと、多方面で活躍されているので、その情報を漏れなく学習させたり、千原せいじさんの関西弁を再現させるのに時間がかかった点です。

一生懸命制作したので、是非ご利用ください。

また、ご自身のAI化に興味のある方は弊社まで気軽にご相談ください。

Emai : info@ai-zen.co.jp
Twitter:https://twitter.com/masahirochaen

○開発者紹介

茶圓 将裕(チャエン マサヒロ)


○自己紹介

1996年生まれ。大阪府出身。学生時代にオーストラリア・アメリカで1年間留学後、上海に渡り、あしたのチーム上海支店の立ち上げに参画。その後上海にて動画求人サイトの事業で会社を設立。日本に帰国後、人事・マーケティングのコンサル業を行う。2022年秋頃からAIツールに魅了され、寝食を忘れてのめり込むようになり、日本初の世界のAIツールを検索サービス「AI Database」やAIニュースレターの運営、企業向け社内秘書AIアシスタント「Knowledge AI」や著名人向けAI LINE Bot制作「Star AI」などAI関連サービスを次々とリリース。現在はTwitterなどSNSにてAIトレンドや活用法について情報発信を行い、日本で最もAI活用に詳しい人物として各メディアにも出演。GMO AI & Web3株式会社顧問、一般社団法人生成AI活用普及協会評議員を務めながら、2023年にAI商社の「株式会社デジライズ」とAIシステム開発会社「AI-zen株式会社」を立ち上げ代表取締役に就任。

◇Twitter:https://twitter.com/masahirochaen

◇Facebook:https://www.facebook.com/chaen.masahiro

◇note:https://note.com/chaen_channel

◇Youtube:https://www.youtube.com/@chaen-AI

■開発会社概要

名称    : AI-zen株式会社

所在地   : 〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目3−2

設立    : 2023年8月7日

代表取締役   : 茶圓 将裕

URL    : https://ai-zen.co.jp/
Email    : info@ai-zen.co.jp


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。