長岡花火の新プログラムを長岡米百俵フェスが音楽プロデュース!!

アウトドア・登山
今年の米フェス出演者(JUNNA、松下洸平、琴音、橋口洋平(wacci))の歌唱による長岡まつり大花火大会向けに書き下ろしたオリジナル曲 「HOPE TO THE FUTURE~未来へ~」が完成。

【長岡花火財団と長岡米百俵フェスの理念がきっかけとなった注目のプロジェクト!】

2022年の春、長岡花火財団と長岡の有志が集まり、フェニックス花火のように、みんなに勇気や希望を与えることのできる新たな花火を作ろうと始動しました。

様々な禍から復興してきた過去を紡ぎながら打ち上げられてきた長岡花火。

今こそ長岡の明るい未来、希望という思いを込めたいとの願いのもと、同様の理念で

2018年から開催している長岡米百俵フェス(通称:米フェス)が音楽をプロデュースしています。

長岡花火は例年同様今年も8月2日(水)、3日(木)に開催されます。

【作曲は橋口洋平(wacci)・作詞は岡嶋かな多・編曲を島田昌典と因幡始(wacci)が担当】
数々の応援ソングを手掛けてきたwacciの橋口洋平が作曲を、BTS、嵐、NiziUなど数々のヒット曲のプロジェクトに参加している岡嶋かな多に作詞を依頼。
さらに編曲は音楽プロデューサー、アレンジャーとしてaiko、back numberなどに関わり、米フェスのキュレーターでもある島田昌典と因幡始(wacci)が手がけwacciの演奏による「HOPE TO THE FUTURE~未来へ~」が完成しました。

【歌唱するのは米フェス出演常連の4名!】
歌唱はCOMEFES PROJECTと題して米フェスの出演常連でもある4名に参加を依頼。JUNNA、松下洸平、琴音、橋口洋平(wacci)が歌唱を担当しました。
満を持して本年の長岡まつりで楽曲がお披露目となります。

【長岡花火が見られるフェスは長岡米百俵フェスだけ】
10月7日(土)、8日(日)、9日(月祝)に開催する長岡米百俵フェスは、音楽と花火と食をテーマにしたフェス!
毎日のステージの最後を締めくくるのは長岡花火です。
8月の長岡まつりには行けない!という方も米フェスで長岡花火をお楽しみいただけます。
もちろん、米フェスでも「HOPE TO THE FUTURE~未来へ~」の花火も上がります。
米フェスのチケットは各種プレイガイドにて発売中。
さらに、長岡市民割引チケットは、日本旅行長岡支店、CoCoLo長岡サービスカウンターでも販売中です。
詳しくはこちら
https://comefes.net/tickets/
【楽曲詳細】
HOPE TO THE FUTURE~未来へ~
作詞 岡嶋かな多
作曲 橋口洋平(wacci)
編曲 島田昌典、因幡始(wacci)
演奏 wacci
歌唱 COMEFES PROJECT
(2023年参加アーティスト:JUNNA、松下洸平、琴音、橋口洋平(wacci))

【関連リンク】
■長岡花火公式サイト
https://nagaokamatsuri.com/
■長岡米百俵フェス公式サイト
 https://www.comefes.net/
■長岡米百俵フェス公式Twitter
 https://twitter.com/n_comefes
■長岡米百俵フェス公式インスタグラム
 https://www.instagram.com/nagaoka_comefes/
■長岡米百俵フェス公式LINE
https://lin.ee/qguuwxq

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。