【カレーハウス CoCo壱番屋×モード学園】全国の店舗スタッフが着用するユニフォームをデザイン

レディースファッション
ファッション・デザイン・美容分野のプロを育てる専門学校モード学園(東京・大阪・名古屋)は、株式会社壱番屋(本社:愛知県一宮市)が運営する「カレーハウスCoCo壱番屋」の2024年から使用するユニフォームのデザインコンペを行いました。

ファッションデザイン学科高度専門士コース、ファッションデザイン学科、ファッションテクノロジー学科の学生がデザインを考案。1次審査として、株式会社壱番屋のマーケティング部を中心とした本社スタッフによる選考により上位19点が決定。最終審査はカレーハウスCoCo壱番屋直営店舗の従業員494名で人気投票をし、受賞作品が決定。6/28(水)の記者発表でお披露目されました。採用されたデザインは中外産業株式会社(本社:名古屋市中区)にて製品化され、2024年から全国の店舗で順次着用されます。記者発表では、ココイチ初のアンバサダーに就任した俳優の山田裕貴さんと一緒に受賞した学生が登壇しました。

【俳優の山田裕貴さんから副賞のカレーハウスCoCo壱番屋カレー1年分を受け取る、受賞した葛山咲貴さん】

最優秀作品の学生

名古屋モード学園 ファッションデザイン学科高度専門士コース 葛山咲貴(愛知県豊橋市出身)

副賞:10万円、カレーハウスCoCo壱番屋カレー1年分(お食事券)、次期制服(サロン&キャップ)の採用

【デザインのコンセプトとポイント】

「温かみ」と「上品」をコンセプトにしてデザインを考えました。アースカラーの緑と、ココイチさんロゴのカラーである落ち着いた黄色の2色で、上品なスタイルにするとともに食事に安心感を与えるイメージにしました。黄色のパイピングのラインはスタイルが良く見えるとともに、緩いカーブで安心感を与えるデザインになっています。また、パイピングのラインは従業員の皆さんと、すべてのお客様とのつながりを表現しています。

                      デザイン画

   受賞した葛山咲貴さんがプレゼンする様子

【最優秀作品 葛山咲貴さんのコメント】

最優秀作品に選ばれたと初めに聞いた時はとても驚きました。

自分のデザインしたものが、全国の店舗でも使用されるなんてと驚き、それと同時に嬉しさが込み上げてきました。

壱番屋さんの企業理念やお客様への関わり方、ユニフォームへの考え方を分析したうえで提案させて頂いたことがこのような評価を頂き、とても貴重な経験をさせて頂きました。

今回の経験を糧にし、今後も創作活動に励んでまいります。

【株式会社壱番屋 常務取締役 安達史郎 様のコメント】

今回、モード学園(東京・大阪・名古屋)の学生さんより、306点ものデザインをご提出いただきました。それぞれの作品にはコンセプトや作者の想いが記されており、どの作品もしっかりと考えられ、想いのこもった 作品が多く、大変うれしく・感心しました。中でも、最優秀作品となった葛山さんの作品は、若いスタッフからシニアのスタッフまで、幅広い世代からも愛されるような色合いとデザインが施されており、私たちが目指す店舗の姿に近いと感じられました。今回の産学連携の取り組みは、弊社にとっても良い刺激となりましたので、今後もこのような機会があることを期待しています。

■専門学校 モード学園■

東京・大阪・名古屋・パリにキャンパスを構え、ファッション・デザイン・ビジネスからインテリア、グラフィック、美容業界まで、ひとり1人の個性を見つけ伸ばし、即戦力となるプロを育成する専門学校です。学生の希望する業界のプロへと導く業界直結のカリキュラムで、16年連続※希望者就職率100%を達成。「就職」と「美容師の国家資格」を保証する3大保証制度『完全就職保証制度』『国家資格 合格保証制度』『給与保証制度』は自信の証明です。(※2007年度以降の実績です。)

公式サイト:

東京モード学園:https://www.mode.ac.jp/tokyo

大阪モード学園:https://www.mode.ac.jp/osaka

名古屋モード学園:https://www.mode.ac.jp/nagoya

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。