スペイン発のエコフレンドリーなアイウェアブランド「PARAFINA(パラフィナ)」の取り扱いを開始。キッズ用から大人用まで、100%エコ・サステイナブルを実現。

メンズファッション
株式会社マインドアートは、「PARAFINA(パラフィナ)」の正規輸入代理店としてエコフレンドリーなアイウェアシリーズの取り扱いを2023年6月より開始いたしました。

PARAFINAは2014 年にマドリッド(スペイン)で誕生して以来、アイウェアのような日用品に地球と人々にポジティブな影響を持つ力を与えることを選択しました。人々が問題視する廃棄物に対して[ アップサイクリング ] という解決策を通して、100% リサイクルされたオーガニック素材を使用し、高品質でデザイン性に優れ、誰もが手に入れやすいエコフレンドリーなアイウェアを制作しています。

PARAFINAでは「地球への配慮・社会的責任・持続可能な成長」を哲学の柱とし「革新と教育」を通じて変化が可能であると心から信じています。パラフィナのメガネを手に取ることで、環境問題を考えるきっかけとなり、社会活動に自然と参加できることに気づいていただけると思っています。

プラスチック、アルミニウム、タイヤなど、人々の日常の廃棄物や環境に強い影響を与える廃棄物を再利用してメガネを作り、また竹、バイオアセテートなどのオーガニックで持続可能な素材も使用しています。毎年環境に優しく持続可能な解決法を模索し、新しい素材を開発しています。

世界を変えるには、環境に優しい製品を販売するだけでは足りないと考え、売り上げの5%を奨学金や学校支援プロジェクトに寄付することで、パラグアイの小さな郊外に住む資源がほとんどない子供たちがより良い未来への希望を持てるようにしています。設立以来合計485 人の子どもたちに奨学金を支給しました。またPARAFINA は家庭教師プログラムにも資金を提供しています。2019年、PARAFINAはスペインのアイウェアブランドとして初めてBCorp認証*を取得し、社会と環境への影響に関する最高基準を満たすことで、私たちが世界にとって最高の企業の一つであることを証明しました。さらに、2022年、B Corps Best for the World TM of 2022 の1つに認められました。世界中のBcorp*企業の中で上位 5%に入っていることを意味します。

*BCorp® 認証は環境や社会に配慮した公益性の高い企業に与えられる非営利団体「B Lab」による国際認証制度。

輸入総代理店である株式会社マインドアートより「サングラス」「リーディンググラス」「スクリーングラス」「キッズ用サングラス」の4つのシリーズを発売いたします。

ARROYO(サングラス)

ARROYOは飲料や繊維容器に使用されているプラスチックの一種であるポリエチレンテレフタレート(PET)から作られています。非常に軽量で水に強く、ポリカーボネート製のレンズはUV400(カテゴリ3)を備えています。目に優しく普段使いからアウトドアまで幅広くお使いいただけます。

NILO(リーディンググラス)

リサイクル金属(アルミ製のソーダ缶)を100% リサイクルしたリーディンググラスです。耐久性に優れた軽量メガネで、4つの度数をお選びいただけます。ポリカーボネート製のレンズは反射防止加工に加えて、電子機器から発せられる目に有害なブルーライトをフィルタリングします。

SENA(スクリーングラス/リーディンググラス)

フレームは、環境に優しい素材リサイクルHDPE(プラスチック)100%で作られています。耐久性に優れた軽量なメガネで、ブルーライトカットのみの0から2.50まで5つの度数をお選びいただけます。ポリカーボネート製のレンズは反射防止加工に加えて、電子機器から発せられる目に有害なブルーライトをフィルタリングします。

BALLENA(キッズ用サングラス)

100%リサイクルのラバータイヤを使用したキッズ用サングラスです。構成するリサイクル素材によってもたらされる柔軟性と強靭さを備えています。耐水性があり非常に軽量。お子様の目を太陽から守り、地球を守ります。小さな子供たちの強さにインスパイアされたコレクションは、地球上で最も汚染された素材の1つであるタイヤのゴムで作られたサングラスの強力な色に反映されています。B CORP・ISO 認定のポリカーボネート製のレンズはUV400認定を受けています。

==========

【ブランド】

 PARAFINA(パラフィナ)/スペイン

 https://parafina.jp/

【輸入総代理店】

 株式会社マインドアート

 https://mindart.co.jp/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。