KOMEHYO ONLINEが多言語対応。外国人顧客の利便性向上を実現します

ジュエリー・アクセサリー
日本最大級のリユースデパート「KOMEHYO」を展開する株式会社コメ兵(以下、KOMEHYO)は、Wovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 鷹治、 以下 WOVN)が提供するWebサイト多言語化ソリューション『WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)』を導入し、10月25日よりコメ兵が運営するECサイト『KOMEHYO ONLINE』上で多言語での商品販売および商品情報提供をスタートします。

  • 外国人の利便性向上による「買い逃し」 ゼロを目指し、WOVN.ioを導入

コメ兵の運営するECサイト『KOMEHYO ONLINE』では、ラグジュアリーブランドを中心にバッグやジュエリー、ファッション、時計、楽器など5万点近くの品が販売されており、商品をダイレクトに購入する以外にも、最寄り店舗へ取り寄せて試着や状態確認を申し込むことも可能です。これまでも、在日・訪日を問わず、外国籍のお客様からの購入、商品へのお問い合わせや取り置きの要望はありましたが、実際の利用者は日本語説明が読解できる方に限られている状況でした。今回、WOVN.ioを導入することにより、言語の壁を気にせず、購入・来店前の情報収集や商品の取り寄せをしていただける環境づくりを目指します。

『KOMEHYO ONLINE』では、これまでも多言語化は大きな課題ととらえておりましたが、日々入れ替わる膨大な商品の情報をタイムリーに翻訳していくことが難しく、多言語対応が難しい状況にありました。WOVN.ioは、日本語で情報を更新するだけで自動的に商品情報が多言語化され、大量かつ高頻度更新のECサイトであっても、スムースに多言語対応し、タイムリーに情報発信ができるとあって、実装に踏み切りました。

商品情報収集時の言語障壁を取り除くことにより、国内外の「買いたいのに買えない顧客」を逃さず、需要の取り込みと潜在顧客の顕在化を図ります。

  • WOVN.ioについて

WOVN.ioは、「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Webサイトを最大45言語・79のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューションです。大手企業をはじめ18,000サイト以上へ導入されています。既存のWebサイトに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。(https://mx.wovn.io

  • 株式会社コメ兵 会社概要

会社名: 株式会社コメ兵

代表者: 代表取締役社長 石原 卓児

本社所在地: 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号

URL: https://komehyo.co.jp

事業内容: コメ兵はリユースをより身近に、便利で、安心できるものに進化させるべく、 リユース市場の価値向上を実現する取り組みを進めています。専門の鑑定士とAIなどのリユーステックによる検品や品質チェック、 丁寧な商品メンテナンスにより、独自に仕入れた商品に信用をのせ市場に提供。 リユース市場全体のスタンダード向上と、サステナブルな社会を実現していきます。

  • 株式会社コメ兵ホールディングス 会社概要

会社名: 株式会社コメ兵ホールディングス

代表者: 代表取締役社長 石原 卓児

本社所在地: 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号

設立年月: 1979年(昭和54年)5月

URL: https://komehyohds.com

事業内容: グループ全体の経営企画・管理・マーケティング及び不動産事業

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。