第36回東京国際映画祭の公式オンラインライブラリーに当社グループ関連会社提供のMediaStoreが採用されました

ネットワーク・ネットワーク機器
映像の企画から制作、映像編集、配信・流通向けサービスに至るまでを、グローバルにワンストップでお届けする株式会社 IMAGICA GROUP(本社:東京都港区、代表取締役社長:布施 信夫)のグループ会社で、映像制作とコンテンツ流通をシームレスにつなぐ映像技術サービスを展開する株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 昌志)の関連会社が提供するMediaStoreが第36回東京国際映画祭の公式オンラインライブラリーに採用されました。

IMAGICAエンタテインメントメディアサービスはこれまで、全世界のコンテンツホルダー及びバイヤー向けに東京国際映画祭の公式オンラインライブラリーの運用を支援してまいりました。今回、同社が新たなシステムとしてMediaStoreを提供し、2023年10月23日から開催された第36回東京国際映画祭が国内初の導入事例となります。なお、MediaStoreの導入支援とシステムの保守・運用を同社が担当いたします。

MediaStoreは、同社の関連会社であるmediafellows社(本社:ドイツ・ベルリン)が提供するSaaS型のコンテンツプロモーション&アセットマネジメントソリューションです。

このプラットフォームは、コンテンツプロバイダーの要望に合わせたカスタマイズ、高度なセキュリティ対策、コンテンツデータ保護、コンテンツ視聴履歴の分析、そして様々なシステムとの連携をサポートします。

MediaStoreの導入によりユーザー登録の自動化、出品者向けの登録、およびアクセス権限の変更など、運用効率化も実現され、全世界のユーザーエクスペリエンスが大幅に向上することになります。

IMAGICAエンタテインメントメディアサービスは、今後も高セキュリティかつ幅広いソリューションをワンストップでの提供が可能なMediaStoreの展開をサポートしてまいります。

本件に関するお問い合わせ(報道関係の方)

本リリースの内容については以下のお問い合わせフォームからご連絡いただきますよう、お願いいたします。

総合お問い合わせフォーム:https://www.imagica-ems.co.jp/contact/general/

  • 株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス

世界中の映像エンタテインメントを、あらゆるメディアに

・会社名:株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス

・代表者:代表取締役社長 社長執行役員 中村昌志

・所在地:〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号

・設 立:2021年1月15日(創立 1935年)

・資本金:1億円

・事業内容:映画の映像・音声編集、DCP(デジタルシネマパッケージ)作成、コンテンツ流通・配信サービス、フ  ィルム現像・プリント、映像の修復・復元・保存サポート、デジタル合成・VFX・CG/グラフィックデザインの企 画・制作、吹替・字幕・翻訳、各種映像技術サービス

・URL:https://www.imagica-ems.co.jp/

・X(旧Twitter):https://twitter.com/Imagica_EMS

  • 株式会社IMAGICA GROUP

1935年の創業以来、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続け、これからも「世界の人々に”驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。

・会社名:株式会社IMAGICA GROUP /  IMAGICA GROUP Inc.

(東証プライム市場、証券コード:6879 イマジカG)

・代表者:代表取締役社長 社長執行役員 布施 信夫

・所在地:〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号

・創立:1935年2月18日

・資本金:33億6百万円

・事業内容:映像コンテンツ事業、映像制作サービス事業、映像システム事業等を営むグループ会社の事業の統括

・URL:https://www.imagicagroup.co.jp/

・X(旧Twitter):https://twitter.com/IMAGICAGROUP

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。