名古屋イラストレーターズクラブ展に名古屋造形大学の教員が出品します

アート・カルチャー

2023年10月24日(火)から29日(日)の期間、愛知芸術文化センター 8階J室にて名古屋イラストレーターズクラブ展が開催されます。
テーマは「タイムトラベル」。名古屋イラストレーターズクラブ創立50年に合わせて1973年以降に起きた出来事をメンバーそれぞれの視点で描きます。

名古屋造形大学 情報表現領域 足立ゆうじ教授(2024年度入学生から視覚表現領域担当)と同領域 非常勤講師の小副川智也先生、映像文学領域 非常勤講師のエンド譲先生が出品します。
ぜひお出かけください。

【会 期】2023年10月24日(火)ー29日(日)
【時 間】午前10時ー午後6時 (入場は閉館30分前まで/最終日は午後4時30分閉場)
【会 場】愛知芸術文化センター 8階J室|愛知県名古屋市東区東桜1丁目13-2
【入場料】無料

名古屋イラストレーターズクラブWebサイト>https://www.nic-illust.net/

<名古屋造形大学の概略>

【名称】名古屋造形大学
【学長】伊藤 豊嗣
【所在地】愛知県名古屋市北区名城2丁目4番1
【WebサイトURL】https://www.nzu.ac.jp/
【学部】造形学部 造形学科
・美術表現領域
・視覚表現領域
・地域建築領域
・空間作法領域
・情報表現領域
【大学院】造形研究科修士課程 造形専攻

名古屋造形大学は、名城公園キャンパスにおいて新たな都市型の芸術大学をつくりたいと考えています。アート、デザイン、エンタテインメントそれぞれの分野のものづくりを極めていくことはもとよりですが、そのためにも積極的に社会に開き、社会と関わる、そんな活動を心がけていきます。つくるだけではなく、社会へ発信し、社会とつながる役割を担うことで、どのようなものづくりであるべきか考えられる人を送り出していきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。