「いのちの尊厳、気候変動、SDGs」アジア学院荒川朋子校長講演会横浜で開催

アート・カルチャー
10月29日(日)13:30から神奈川県横浜市西区にある横浜上原教会にてアジア学院校長荒川朋子が講演します。
本年50周年を迎え「共に生きるために」というモットーを掲げるアジア学院の働きの中で得てきた経験を、いのちの尊厳、気候変動、SDGsなどにも触れながら語ります。横浜、東京など、首都圏にお住みの方はぜひご参加ください。どなたでもお越しいただけます。

【講演会情報】

日時:10月29日(日) 13:30~16:00 (13:30~15:00 講演会 15:00~16:00 懇親会)

場所:日本基督教団 横浜上原教会 〒220-0046 神奈川県横浜市西区西戸部町2-144

入場無料

アジア学院とは…

世界の農村指導者を養成するアジア学院は、1973年に栃木県北部に創設されました。有機農場を擁した6ヘクタールのキャンパスに、世界中から集まった学生、職員、ボランティアが共同生活をしながら、毎年9か月間の研修を作り上げる、小さな学校です

Tomoko Arakawa, director of ARI, will give a lecture on the experiences at ARI, reflecting on the motto “That We May Live Together” and touching on the dignity of life, climate change, SDGs, etc. Everyone is welcome to join for the lecture. Feel free to come to the event when you can come to Yokohama,  metropolitan area. The venue of the event is Yokohama Uehara Church in Nishi-ku, Yokohama City.

Lecture Information:
Date & Time: October 29 (Sun) 13:30~16:00 (13:30~15:00 Lecture, 15:00~16:00 Reception)
Venue: Japan Christian Church, Yokohama Uehara Church
2-144 Nishitobe-cho, Nishi-ku, Yokohama, Kanagawa 220-0046

 

What is ARI?
Asian Rural Institute (ARI) was founded in 1973 in the northern Tochigi Prefecture as an institute that trains rural leaders from Asia, Africa, Pacific, and Latin America. It is a small school where participants, staff, and volunteers from different countries live together on a 6-hectare campus with an organic farm, learning and sharing life with each other throughout a 9-month training program each year.

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。