新バッグブランド ”WHITEÂGE(ホワイタージュ)” 10月25日から販売スタート

シューズ・バッグ
全国に600店舗以上のバッグおよびファッショングッズの専門店を展開する株式会社サックスバーホールディングス(本社:東京都葛飾区 代表取締役:木山剛史)が、新たにバッグブランドWHITEÂGE(ホワイタージュ)https://whiteagebag.com/ を立ち上げます。10月25日から公式オンラインストア及びサックスバーの一部店舗にて販売開始いたします。自社店舗以外での卸売りも積極的に取り組む予定。

WHITEÂGE(ホワイタージュ)は、ファッション的なデザイン性 とUX デザイン思考によるデザイン設計に、伝統的な手法から最先端のハイテクノロジーに至るまで、意欲的に技術を取り入れ “ものづくり”を昇華することで、 “ 人 ” と “ もの ” を超えた、 “新しいつながり” を創るブランドです。

“自分の一部のようになる”

WHITEÂGE は自分の一部のようになり、持っていることさえ忘れるような、進化し続ける製品によって、新しい日常を創造するブランドです。

ブランド名 WHITEÂGE には、

“革新的なものづくりを追求する意志”

“人に寄り添ったものづくりの姿勢”

の2 つの意味が込められています。

WHITE | ホワイト

白は、始まりの色であり “ 新しさ ” や “無” を彷彿とさせる色です。

永遠・純粋・清潔・神聖・希望を象徴する色として用いられています。

ÂGE | アージュ

AGE | エイジのフランス語  GE には、時代・進化 の意味があります。

“心躍る体験を創造する。” 

世界を自由に横断し、新たな日常を楽しむ人たちのライフコンポーネント GEX(ジーイーエックス)

GEXは、それぞれの分野の知識と技術を持つエキスパートたちにより、デザインと機能性を追求し、その調和により設計されたアイテムです。開発にはハイテクノロジーを駆使し、試作とテストのプロセスを辿り、試行錯誤を繰り返すことにより、高度なスペックを搭載した製品が誕生しました。

シンプルでシームレスにデザイン設計されたインターフェースが、製品を直感的に扱うことを可能にし、体圧分散効果に対して最も高水準な新素材 MIYAVIE(ミヤヴィエ)の技術により、重さを極限まで感じさせない、異次元のエクスペリエンスを実現しています。

 Interface

直感的に扱うことができるUI設計。シームレスなシンメトリーデザイン。直線的なパターン。ミニマルなカラーパレット。クラシカルでタフな素材使い。

Experience

それは、バッグを背負っている時だけではなく、一日の肩への負荷を減らすことで使い終わったときの疲労感を和らげ、昨日までとは違う日常体験をデザインしていく。ハイテクノロジー素材、搭載。

人とモノとのさらに進化した関係を創造していくこと。ハイテクノロジーと伝統の融合によって、未来の美と健康と地球環境を追求する、アースコンシャスプロジェクト MIYAVIE(ミヤヴィエ)。

特徴/性能

MIYAVIE は、 GEX 全てのモデルのハーネス・ショルダーパッドに内蔵されているポリエチレン樹脂の3Dメッシュスプリング構造のハイテクノロジー機能素材です。

他社の3Dメッシュ構造製品と比較して、目が細かく生成されていることで、格段に精密さと精度が優れ、加工技術が高いため、最も体圧分散効果が高く得られます。

体圧分散効果

高水準な体圧分散効果により、重い荷物の体感重量が軽減されます。
体圧分散効果においては、他のウレタン・スポンジ類のクッション・マットレス素材と比較し、最も優れた性能を実現し、加えて、3倍の効果の持続性・耐久性があります。

衛生面

樹脂構造による抜群の通気性・通水性を有することでムレにくく、アトピーの原因となるダニやカビ、菌やバクテリアが発生しないことで、清潔で衛生面においても高水準の素材です。

マテリアル

インテリア・家具はもちろんのこと、建設資材から医療・介護に至るまで、今までになかったライフスタイルを創造する新しいマテリアルです。

独自の最新技術により開発された製品は、すべて日本で生産されており、生成から加工、100% 再利用までを一貫して行うことができる数少ない企業であり、自社で製法特許を保有しています。

Powerful and Clean. Comfortable & Useful. Work and play.
パワフルでクリーン。快適で便利。仕事でも遊びでも。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

〈会社概要〉
株式会社サックスバーホールディングス
代表取締役社⻑:⽊⼭剛史
所在地:東京都葛飾区新⼩岩1丁⽬48番14号第3デリカビル
電話:03-3654-5311(代表)FAX:03-3654-5061
HP:https://www.sacs-bar.co.jp/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。