KADOKAWAグループ米子会社によるライトノベル電子出版事業の欧州展開開始について

最新
 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、以下 当社)は、当社グループ連結子会社である北米のJ-Novel Club LLC(本社:アメリカ合衆国テキサス州サン・アントニオ、代表者:Samuel Pinansky、以下JNC)がドイツに完全子会社であるJNC Nina(ニーナ) GmbH(本社:ドイツ連邦共和国ベルリン、代表者 Jonathon Collis、https://jnc-nina.eu  以下Nina)を設立し、2023年10月にJNCが北米で展開する日本のライトノベルの電子出版・サブスクリプションサービスのドイツ語・フランス語版のサービス提供を開始した事をお知らせいたします。

 

 KADOKAWAグループは、多彩なポートフォリオから成るIP(Intellectual Property)を安定的に創出し、さらにテクノロジーをより一層活用することで、それらを世界に広く展開することを中核とした「グローバル・メディアミックス with Technology」の推進を基本戦略として掲げ、北米・アジアを中心に海外拠点の事業基盤強化・拡大を進めてきました。近年、ドイツやフランスをはじめとする欧州において、マンガ市場が急速に成長している状況をふまえ、ライトノベルについても北米同様の潜在市場が見込めると判断し、北米におけるライトノベル市場の開拓・拡大に寄与したJNCのビジネスモデルをNinaを通じてドイツ、フランス市場においても展開し、新たに欧州における推進強化を進めてまいります。

 JNC は 2016 年に設立され、当社を含む日本の出版社のライトノベル作品を中心に、従来の紙出版起点ではなくデジタルですばやく展開する「デジタルファ-スト」戦略のもとで英語出版事業を展開しており、2021年4月に当社グループの連結子会社となりました。自社のサブスクリプションサービスを通じ、英語圏の読者にも日本語版の発売にあわせて作品をお届けすることを目的に、まずは英訳された1話単位の配信をすばやく行ったのち、順次、1冊にまとめた電子書籍を英語圏市場における主要なオンラインストアを通じて販売するという、JNC独自の先駆的かつユニークな事業モデルが、北米を中心とする英語圏市場のユーザーの支持を集め、近年売上を順調に伸ばしております。

 JNCはNinaを通じ、ドイツ語およびフランス語版の電子出版・サブスクリプションプラットフォームの展開を開始し、ライトノベル作品を中心にマンガも取り扱い、これら同プラットフォームで配信される電子出版作品は、同言語市場の他の主要なオンラインストアでの購入も可能となります。Ninaは、英語圏市場におけるJNCと同様に、一出版社としてのみならず、ライトノベル・マンガファンのコミュニティーとしての機能をプラットフォームに設け、ファン同士が交流する機会を提供してまいります。

■ 株式会社KADOKAWAについて

出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、ところざわサクラタウンを中心としたIP体験施設の運営など、幅広い事業を展開する総合エンターテインメント企業です。優れたIP(Intellectual Property)を安定的に創出し、さまざまな形で世界に届ける「グローバル・メディアミックス」戦略を、テクノロジーの活用により実践しております。

https://group.kadokawa.co.jp/

■ J-Novel Clubについて

2016年に設立されたJ-Novel Clubは、日本のライトノベルやマンガの英語翻訳出版ならびにサブスクリプションサービスを展開しています。北米を中心とする英語圏市場向けに、サブスクリプションサービスを通じ、先行で1話単位の配信(チャプター配信)を行ったのち、順次、電子書籍を英語圏市場における主要なオンラインストアを通じて販売しています。

https://j-novel.club/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。