honto限定! ディスカヴァーの電子書籍全点2000タイトル以上が50%オフのお得なセール開催

最新
株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2023年10月9日から10月15日までの1週間限定で、hontoにて、ディスカヴァーの電子書籍全アイテム2000点以上が50%オフになるクーポンキャンペーンを開催します。

  • 2000タイトル以上が50%オフ!

10/9から10/15までの1週間、hontoにて、配信されているディスカヴァーの電子書籍全アイテム2000点以上が50%オフになるお得なキャンペーンを開催します。

ビジネス書や実用書など、ディスカヴァー刊行の電子書籍すべてがクーポンで50%オフになります。普段セール対象とならないベストセラー『ロングゲーム』や『多様性の科学』、そして今年発売の新刊まで、さまざまなジャンルの書籍をお得にゲットできるチャンスです。
この機会にぜひチェックしてみてください。

【キャンペーン概要】
書店:honto
期間:2023年10月9日(月)~2023年10月15日(日)
クーポン割引率:50%
対象点数:2354点

  • おすすめ書籍をピックアップ!

①『ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために』

人生はロングゲーム。

人の寿命は伸び、人生100年時代を迎えました。生き方が大きく変化し、長生きするリスクも出てきています。
そして、情報技術の進化により、働き方は激変し、毎日は妙に忙しくなっています。
経営と同じく、不透明な時代にこそ、私たち個人の人生にもきちんとした「長期戦略」が必要です。しかし、目先の利益に追われ、次から次へと仕事をさばくだけになってしまっている方が多いのではないでしょうか。

きちんとした長期戦略があれば、つらい時期も選択を間違えることはありません。短期では失敗に見えても、長期的に成功し、納得のいく結果につなげることができます。

本書では、短期成果ばかりを求められるこの目まぐるしい世界で長く、大きな成功をつかむためのコンセプトと戦略の立て方を紹介します。

【本書のご購入はこちら】
https://honto.jp/ebook/pd_31851474.html 

②『多様性の科学』

多様性のある組織こそが卓越した成果を生み出す

ビジネスにおいては、才能や知識、スキルがあるからといって、成功できるとは限りません。
なぜグッチは成功しプラダは失敗したのか。
なぜGoogleはフラットな組織を実現できなかったのか。
なぜルート128はシリコンバレーになれなかったのか。
成功と失敗を分ける要因は、組織の「多様性」にありました。

失敗の90%をつぶすために一番大切なことは、異なる視点を持つものが集まる組織づくりです。
本書は、CIAやGoogleなどのグローバル企業、登山隊など、様々な事例・事件を通して、組織における「多様性」の重要さについて解説していきます。

生物の多様性や性の多様性に言及した書籍は多いものの、ビジネスや組織の多様性について言及しているものはあまり見られないなか、多様性の真の意味を理解し、それを組織づくりに活用していく術を学ぶのに役立つ書籍です。

【本書のご購入はこちら】
https://honto.jp/ebook/pd_31069084.html

③『ビジネスケアラー 働きながら親の介護をする人たち』

大介護時代の到来に備えておきたい知識が詰まった1冊

2025年には、人口ボリュームの大きい団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となります。
そして75歳以上になると、急速に介護を必要とする人(要介護者)の割合が増えます。日本においては2025年が、介護問題の爆発の年(2025年問題)、大介護時代の到来です。
この大介護時代の到来によって注目されるのが、「ビジネスケアラー」の増加です。
「ビジネスケアラー」とは、「働きながら介護をする人」「仕事と介護を両立している人」という意味です。

本書では、「介護は仕事と両立させるものであって、介護が理由で仕事を辞めてはいけない」という考えをベースに、将来ビジネスケアラーとなる予備軍の方が仕事と介護をうまく両立させ、パフォーマンス低下および介護離職のリスクを下げるためのノウハウ・指針を紹介していきます。

著者は介護と仕事の両立支援サービスのトップ企業である株式会社リクシスの副代表・酒井穣氏。著者自身も20代のころから30年以上にわたって、働きながら親の介護を行ってきました。そんな現実を知っている著者だからこそ語ることができる、介護のリアルや向き合い方をお伝えしていきます。

【本書のご購入はこちら】
https://honto.jp/ebook/pd_32661678.html 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。