新会社「株式会社堪能や」設立と営業開始のお知らせ

アート・カルチャー
株式会社首都圏ホールディングス(本社:東京都板橋区  代表取締役:駒形友章)と株式会社クリップス(本社:東京都渋谷区  代表取締役:張 軼炤)は、新たに「株式会社 堪能や」(本社:東京都板橋区 代表取締役:駒形友章)を設立し、株式会社クリップスが展開しているEC事業(「堪能や」、「越前漆器漆治郎」及び「べっぴん小町」)を2023年10月6日付で譲受し、9日より営業を開始することをお知らせします。

■ 新会社概要

商   号 :   株式会社 堪能や

本   店 :   東京都板橋区板橋2-65-8 MSビル5階

資 本 金 :   1,000万円

設   立 :   2023年9月1日

役   員 : 代表取締役   駒形 友章
        取締役        張 軼炤
        取締役           筒井 康文

公式サイト :   https://www.tannouya.co.jp

■ 当社のビジョンとバリュー

当社のビジョンは、「伝統工芸の技術とクラフトマンシップを現代の需要と融合させ、新たな価値を創造する」ことです。伝統と革新の融合、越境と共創の追求、品質と継承の実現、価値と満足の提供、価値の発信と普及、グローバル展開というバリューを掲げ、伝統工芸品の普及と継承を目指します。

■ 事業内容

1.  伝統工芸品 EC 事業
  高級名入れギフトショップ「堪能や」(https://naire-shop.com/
  越前漆器の専門ショップ「 粂治郎」(https://www.shikki-shop.com/

2. 伝統工芸品プロデュース事業

3. 伝統工芸品 メディア事業

4. 伝統工芸品を核としたインバウンド向け事業

5. 伝統工芸品のグローバル展開支援事業

6. 伝統産業と食文化を核とした地方創生プロデュース事業

■ コメント

株式会社首都圏ホールディングス     代表取締役 駒形友章

「地方には優れた伝統工芸や伝統産業があるのに、経済のグローバル化やライフスタイルの変化により、その魅力が失われつつあります。大量生産・大量消費を前提に安価な汎用品ばかり造られる現代では、本来はもっと評価されるべき地方独自のものづくりが衰退していってしまう。先人たちが長年にわたって承継してきた古き良き日本の伝統工芸が消えてしまうという危機感を抱いています。せっかくの魅力的な日本の伝統工芸を私たちの代で終わらせることなく後世へと繋いでいきたい。そのような想いから新会社を設立しました」

株式会社クリップス  代表取締役 張 軼炤

「私たちはこれまでEC事業を通じて、数多くの日本が世界に誇れる伝統工芸品や優れた技術を持つ職人さんと出会いました。しかし、その価値や魅力は十分に発信されておらず、非常にもったいないと感じてきました。私たちは、古くから受け継がれてきた日本の伝統工芸や技巧を最新の流行やニーズと融合し、現代社会に通じる新しい価値を創造し、日本のみならず世界へと拡げていきます」

  

私たちは新会社「株式会社堪能や」を通じて、日本の伝統文化を現代に蘇らせ、世界中の人々に美と喜び、そして感動を提供していきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。