【西武渋谷店】DESIGNART TOKYO 2023

アート・カルチャー
西武渋谷店は、‘Art meets Life’「暮らしに、もっとクリエーティブを。」をコンセプトに、これまで多くのアーティストとのコラボレーションを実現させてきました。このたびのデザイナートでは、今年のテーマ「Sparks ~思考の解放~」のもと、西武渋谷店3会場にて今年の注目作品や集合展などをご紹介いたします。

  • ■about|DESIGNART TOKYO

 DESIGNART TOKYOは、「INTO THE EMOTIONS ~感動の入口~」をコンセプトに、2017年にスタートしたデザイン&アートフェスティバルです。世界屈指のミックスカルチャー都市である東京を舞台に、世界中からインテリア、アート、ファッション、テクノロジー、フードなど、多彩なジャンルをリードする才能が集結し、都内各所で多彩な展示を開催。

  • ■DESIGNART TOKYO 2023 開催概要

会期:2023年10月20日(金)〜29日(日)の10日間

※プレスデー10月20日(金)

エリア:表参道・外苑前・原宿・渋谷・六本木・広尾・銀座・東京

 主催:DESIGNART TOKYO 実行委員会

Official site:https://designart.jp/designarttokyo2023

 X(旧Twitter):@DESIGNART_TOKYO Instagram:@designart_tokyo

  • 【モヴィーダ館7階=特設会場】

  •  会期開場:10月20日(金)~29日(日)各日午前11時~午後9時

■出展者:風当将文

■FIXED TETRAS

消波ブロック製造所で着想を得て作成したオブジェ群の展示です。消波ブロックはその名の通り波を打ち消すことを目的に作られたプロダクトですが、正四面体を骨子とするこの構造体には単体としても集合体としても完成された造形美があります。FIXED TETRASはさまざまな素材特性を活かしながら、それぞれ異なる手法で複数の消波ブロックのオブジェを作成し、力の均衡のとれた美しい構造を模索するプロジェクトです。

■出展者:Nomadic Collective

■Things with dialogue

普段、私たち4人は職業として“プロダクトデザイン”の領域に身を置いています。

 それは、斬新で、独自であり、模倣されにくいことを重要とし、その背景やすぐ隣の存在が見えにくくなるような世界です。しかし、「ものをつくる」ことの意義とはそのようなものでしょうか。私たちが日々の生活の中で、最も人々の創造性が発揮されていると感じるのは、商業的な役割以前の、生活の術を学ぶような、世界を知りたいという欲求に突き動かされるような行為です。その実践を通して、文脈を読み解き、コミュニティを生み、私たちにとっての財産は何かを見定め、すぐ隣にあるが認識できなくなった存在たちを結び直すような対話が生まれると考えます。現在から未来へと一方向的に速度を上げることだけではなく、領域をまたぎ周遊し続けることで、私たちはひとりひとりが孤立せずに、視座を高めていくことができるはずです。本展示「Things with dialogue」はそうした周遊を、オブジェクト・家具・写真などを通して、実用的にまたはエクササイズ的に形にする試みです。

■出展者:Nyokki

■hoop being

 人との関係性の中でほどけては生成する「ペット的家具」を制作しました。毛糸で編まれた巨大な輪っかは、ラグになり、クッションになり、さまざまな具合で形状を変容させる様は、まるで生き物のよう。うごめき変容する柔らかな運動体が、家の中にやってきます。

■出展者:PHAT

■Wake(up)-余剰資材を活用したインテリアピース

 ひとは何かを生み出すとき、同時に余りを生み出している。大量の生産と消費が繰り返されるこの世の中で、使われなかったものは、やがて捨てられていきます。私達は、使われなかった余剰資材の、有り余る可能性を拾い上げて、インテリアピースとしての新しい価値を探求しました。

  • 【A館7階=催事場】

  • 会期会場:10月20日(金)~29日(日)各日午前10時~午後8時

■出展者:慶應義塾大学|中西泰人研究室

■風景のメカニズム-家具型ロボット達が作りだす多義的で動的な空間

 自動運転車やロボットなど、移動能力を備えた機械知能が私達の身の回りに存在するようになりました。その知能や能力がシンプルで限定的だとしてもそれがある量を越えて風景の一部となった時、私たちはどのような環境にいるのでしょうか。ロボット達が作り出す風景は無機質で機械的なものかもしれませんが、物を置いたり座るといった行為を人々から引き出し、場所の意味を作り出すようなロボットは実現できるでしょうか。そうしたロボット達によって動的で多義的な空間を作り出すことはできるでしょうか。そうした空間はどのような都市の風景を作りだすでしょうか。そうした問いを立てながら、変形能力と移動能力を備えた家具型ロボットのデザインを研究しています。

  • 【B館7階=インテリア】

  •  会期会場:10月20日(金)~29日(日)各日午前10時~午後8時

■出展者:リビングハウス|エドラ

■イタリアの伝統と革新を象徴するブランド<エドラ>。才能あふれるクリエイターたちの発想を、上質な素材と高度な技術により作り上げ、存在感と座り心地を追求しています。そのアイコニックな製品は世界中で愛され、ホテルや美術館などの公空間はもとより、クラシック、モダンを問わず、どのような住まいにも豊かさを与えています。

-西武渋谷店-

・住所:〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1

・電話番号:03-3462-0111 (大代表) ・営業時間:午前10時~午後8時

 ・ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。