東映アニメーションが『東京ゲームショウ2023』に初出展!!

コンシューマーゲーム

東映アニメーション株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:高木勝裕)は、2023年9月21日(木)〜24日(日)に幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ2023』に初出展いたします。

東映アニメーションブースは、幕張メッセ 国際展示場6ホール(ブース番号:06-N01)に構え、先日発表されたスマホゲーム『金色のガッシュベル!!永遠の絆の仲間たち』のゲームPV初公開の他、ご来場いただいたお客さまへ、ミネラルウォーターの配布などを実施いたします。他にも、『DenDekaDen-電殿神伝-』、『ガールズバンドクライ』の展示もございますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

●開催概要●

【イベント名称】

東京ゲームショウ2023(TOKYO GAME SHOW 2023)

【開催日時】

2023年9月21日(木) ~ 9月24日(日):10:00~17:00

ビジネスデイ :9月21日(木)、9月22日(金)

一般公開日:9月23日(土)、9月24日(日)

【ブース番号】

06-N01

【会場】

幕張メッセ

【公式サイト】

 https://tgs.nikkeibp.co.jp/tgs/2023/jp/

■東映アニメーションについて

日本最大のアニメーション製作会社。1956年の創業以来半世紀以上の長きにわたり、日本アニメーションのパイオニアとして、劇場作品258本、テレビ作品231本、総話数約13,300話に及ぶ日本最大・世界有数の規模のアニメーション作品を製作してまいりました。代表作は、「白蛇伝」、「マジンガーZ」、「銀河鉄道999」、「ドラゴンボール」、「美少女戦士セーラームーン」、「ワンピース」、「プリキュアシリーズ」等です。アニメーションを製作し、その映像を各種メディアに販売、また同時にその著作権をもとに、版権事業、関連事業を展開しています。日本はもちろん、海外のファンの皆様にも広く愛される作品作りに取り組み、「世界の子どもたちに『夢』と『希望』を提供する“創発企業”となる」を経営理念に掲げ、IPを戦略の軸に据えたグローバル事業展開を行っています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。