校閲記者が各界の言葉のプロと対話するトークイベント「ことば茶話」9月28日(木)スタート!初回のテーマは「広辞苑と校閲記者の“厚い”関係」!

広告・宣伝・PR
毎日新聞社(代表取締役社長執行役員:松木健)は9月28日(木)19時から、オンラインイベント「ことば茶話第1回 広辞苑と校閲記者の“厚い”関係」を開催します。毎日新聞校閲センターが運営するサイト「毎日ことばplus」によるオンラインイベント「ことば茶話」の第1回です。校閲記者にとって相棒ともいうべき辞書との関係について、「広辞苑」編集者と“厚く”トークします。ぜひご参加ください。

■お申込みはこちら

https://mainichi-event20230928.peatix.com/

時代が変われば“ことば”も変わる。辞書に載る“ことば”もアップデートしています。

校閲記者にとって、辞書は切っても切り離せない相棒のような存在です。校閲記者が辞書を参考にするように、辞書編集者が新聞を参考にすることもあります。そんな校閲記者と辞書の“熱い”ならぬ、“厚い”関係について、岩波書店辞典編集部の「広辞苑」編集者、平木靖成さんをお迎えし、広辞苑と校閲にまつわるトークをお届けします。

平木さんは入社翌年から辞典編集部に配属。広辞苑には1998年の5版から携わり、7版では編集責任者。辞書編集者に焦点を当てた小説「舟を編む」(三浦しをんさん著)では取材も受けています。

「国民的」辞書の作り手は何を思いながら日々、言葉と格闘しているのか。その日常と魅力に迫ります。ぜひご参加ください。

<主な内容(予定)>
・広辞苑はどんな辞書? なぜ「国民的」辞書になったのか
・広辞苑はいかに作られているのか
・校閲記者は辞書をこう使っている
・Q&A

  • 毎日新聞校閲センターが運営するサイト「毎日ことばplus(https://salon.mainichi-kotoba.jp/」は有料会員制度をスタートさせました。有料会員向けのサービスの一つとして、隔月でトークイベント「ことば茶話」を開催していきます。「茶話」のように気軽な雰囲気の中で、毎回「ことば」にまつわるゲストをお呼びするこのイベント。今回は第1回の特別企画として、会員以外の皆様にもご参加いただけます。

■お申込みはこちら

https://mainichi-event20230928.peatix.com/

<イベント概要>
【日時】2023年9月28日(木)19:00〜20:30(18:45入場開始)
(※チケットご購入の方にはイベント後、アーカイブを2カ月程度視聴できる案内を別途致します)
【会場】Zoomウェビナー
【対象】どなたでもご参加いただけます
【定員】なし
【参加費(税込み)】
①視聴チケット:2,000円
②書籍「校閲記者も迷う日本語表現」付きチケット:4,130円(送料込み)
※書籍の送付はイベント終了後になりますので、あらかじめご了承ください。
※書籍付きチケットをご購入の方は、フォームに必ず送付先のご住所をご記入ください。
【締切】2023年9月28日(木)19時

■「校閲記者も迷う日本語表現」(毎日新聞出版)
毎日新聞校閲センターが運営するサイト「毎日ことばplus」で読者に質問し、回答と解説を掲載してきたコーナーが書籍になりました。校閲記者たちが迷いながら日々ことばに向き合う中で書いてきたものです。2017年に刊行された「校閲記者の目」の第2弾!

毎日新聞校閲センター著
定価:1,760円(税込)
発売日:2023年9月15日
※書籍の送付はイベント終了後になりますので、あらかじめご了承ください。

<登壇者>
平木靖成(ひらき・やすなり)

東京都福生市生まれ。1992年岩波書店入社。93年から辞典編集部に所属し、「広辞苑」第5版・第6版・第7版のほか、「岩波国語辞典」「岩波新漢語辞典」「岩波キリスト教辞典」「岩波世界人名大辞典」などの編集に携わる。現在、編集局副部長(辞典編集部担当)。

平山泉(ひらやま・いずみ)

大津市生まれ、京都・東京育ち。1992年毎日新聞社入社。2006~08年の大阪本社時代も含め一貫して校閲記者を務める。18年にイベント「国語辞典ナイト」に出演したり、国語辞典が刊行される度に取材したりと、校閲と国語辞典との関係について発信している。

<司会>
尾形美保(おがた・みほ)
毎日新聞校閲センターデスク

〈毎日ことばplus〉
・「毎日ことばplus(https://salon.mainichi-kotoba.jp/」は毎日新聞校閲センターが運営するサイトです。2011年からSNSや前身のサイトを通じ、誰にでも読みやすく正確に伝わることを目指す「新聞の日本語」や校閲の技術、文字や言葉の話題をお届けしています。
・「毎日ことばplus」の有料会員(月額1,500円)の方は、「毎日ことばplus」のオンラインイベントを無料視聴できます。本イベントも対象です。

■お申込みはこちら

https://mainichi-event20230928.peatix.com/

 ■特設サイト「のんと毎日新聞」はこちら
https://www.mainichi.co.jp/non/

■毎日新聞創刊150年特設サイトはこちら
https://www.mainichi.co.jp/150th/

■毎日新聞オンラインイベントのページはこちら

https://mainichi.jp/event/

■毎日新聞の購読お申し込みはこちらから

https://www.mainichi.co.jp/koudoku/order/

 

■毎日新聞デジタルのお申し込みはこちらから

https://mainichi.jp/info/

■本件に関するお問い合わせ

毎日新聞社オンラインイベント事務局

event@mainichi.co.jp

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。